就学前健診

カナー型児童 就学前

日本に限らず年齢別の受け渡し時に問題が必ず発生する。一人の子供の状態を把握しその子に沿った制度への受け渡しがされるのが理想。しかしそうなると個人の全てを国が把握している事になりそれが良いことかどうかと言う問題が発生する。

障害者としては一生障害が変わることが無いので、それでも良いような気もするが、個人の動向全てを把握されるのが嫌でしょうがない人もいる。

医療教育の観点からせめて18才まで一元管理すると言うのも一つの方法だろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。